TAKAMATSU MAP 高松の朝活スポット

高松藩の城跡・玉藻公園で季節を感じる

のびのびと心ゆるめて

玉藻公園 お城ヨガ

早朝6:30、高松港にほど近い玉藻公園。桜が満開(取材日は4月)の、その名も「桜の馬場」という広場まで来ると、人がちらほら集まってきた。みなさん手際よく自分のゴザを敷き、靴下を脱いでスタンバイ。準備ができたら「お城ヨガ」の始まりはじまり。

この日の参加者は10人弱。講師の中西さんのレクチャーにしたがって、ゆっくりと身体をほぐしていく。さっそくエディターMも参加。ゴザに寝そべると目の前に広がるのは青々とした空!やわらかな芝生の地面も、やさしい風も心地よい。これは、良い時間を過ごせそうな予感…。

実はヨガ初体験のエディターM。「肋骨を開いて~」「腕はおへそから伸ばすイメージで」「胸の真ん中が真横に来るように~」などなど、中西さんのことば通りに身体を動かしてみると、想像以上にやわらかく伸びる!えっ、まだ動かせるんだ!と自分の身体に驚くこと間違いなし。一通りほぐしたら眠かった頭もすっきり冴えて、心身ともに調子は万全。最後にもう一度しずかに寝そべり身体を休める。この時間がなんとも豊か。

ポーっというフェリーの汽笛、ことでん(香川県内を走る私鉄)の踏切の音、道路を行き交う車の音に、チュンチュンさえずる鳥たち。時折ふわっと吹き抜ける風は春ならではの香りがして、心の底からリラックスできる。高松に来てよかったぁ、と思えるひとときだ。

2014年から始まったというお城ヨガ。朝の時間を有効に使いたいという知人の声に応え、玉藻公園に企画を持ち込んだという中西さん。ちょうど玉藻公園でも早朝にできる催しを検討していたところで、お城ヨガの開催が決まったのだそう。
参加者は多くても15人ほどで、男性もいる。初心者や飛び込み参加も歓迎!とのことで、安心して参加できる。予約は不要、9月までの毎週金曜日、6:30に500円持って玉藻公園に来るだけ(雨天等中止、要確認)ととにかく気楽なのだ。

のぼりが目印。ヨガマット代わりのゴザは、実はもともと披雲閣(ひうんかく・玉藻公園内にある松平家の旧別邸)の畳だったもの。

2014年から始まったというお城ヨガ。朝の時間を有効に使いたいという知人の声に応え、玉藻公園に企画を持ち込んだという中西さん。ちょうど玉藻公園でも早朝にできる催しを検討していたところで、お城ヨガの開催が決まったのだそう。
参加者は多くても15人ほどで、男性もいる。初心者や飛び込み参加も歓迎!とのことで、安心して参加できる。予約は不要、9月までの毎週金曜日、6:30に500円持って玉藻公園に来るだけ(雨天等中止、要確認)ととにかく気楽なのだ。

オマケその1:春はあけぼの。鳩もうたた寝。

オマケその2:足下には四つ葉!…だけじゃなく五つ葉、六つ葉も。もしや高松最強のパワースポットなのか。

玉藻公園 お城ヨガ

 

香川県高松市玉藻町2-1
(玉藻公園内 桜の馬場)
tel.087-851-1521
(玉藻公園管理事務所)
6:30~7:20
9月までの毎週金曜日に開催
参加料500円/入場料別途200円
雨天中止、開催情報等は下記をチェック
史跡 高松城跡 玉藻公園
@takamatsujyo1588

トップページへ戻る▶︎